ニュース:#Messaging APIの記事

  • 2018/10/03

    ユーザープロフィールの取得時に返される画像URLのスキームが変更されました

    GET https://api.line.me/v2/bot/profile/{userId}リクエストのレスポンスに含まれるpictureUrlプロパティのスキームとして、httpsがサポートされるようになりました。

  • 2018/09/27

    [変更] 長期間有効なチャネルアクセストークンの廃止について

    8月にお知らせした長期間有効なチャネルアクセストークンの廃止について、変更することをお知らせします。

    長期間有効なチャネルアクセストークンを2018年11月に廃止すると、開発者の方が多くの影響を受けると判断し、引き続きサポートすることを決定しました。より影響の少ない代替方法を策定次第、改めて詳細をお知らせします。

  • 2018/09/19

    Messaging APIでデフォルトのリッチメニューを設定できるようになりました

    Messaging APIでデフォルトのリッチメニューを設定できるようになりました。

    LINE@マネージャーで作成するデフォルトのリッチメニューも引き続きサポートされ、Messaging APIで作成するリッチメニューと並行して利用できます。

    リッチメニュー機能の使い方について詳しくは、以下のページを参照してください。

  • 2018/09/11

    ボットから送信できるスタンプが増えました

    ボットから送信できるスタンプが、342種類から462種類に増えました。多彩な新しいスタンプを活用して、さらに表現力豊かで気配りのきいたボットを開発できます。

    詳しくは、「スタンプメッセージ」およびスタンプリストを参照してください。

  • 2018/08/13

    長期間有効なチャネルアクセストークンが廃止されます

    Messaging APIで使用されてきた、長期間有効なチャネルアクセストークンを廃止することになりました。

    これはMessaging API v1のエンドポイントの廃止に伴う措置で、2018年11月に行われる予定です。

    長期間有効なチャネルアクセストークンは、コンソールからのみ発行されます。短期間有効なチャネルアクセストークンを発行する以下のエンドポイントは、今回の措置に影響を受けません。

    https://api.line.me/v2/oauth/accessToken

    代替方法について詳しくは、近日中にお知らせします。

  • 2018/08/06

    Flex Messageをデスクトップで表示できるようになりました

    Flex Messageをデスクトップで表示できるようになりました。

    対応するmacOS版とWindows版LINEのバージョンは5.9.0以降です。

    また、Flex Messageに以下の新しいプロパティが追加され、メッセージをさらに自由に作成できるようになりました。

    詳しくは、以下のトピックを参照してください。

  • 2018/07/31

    クイックリプライがリリースされました

    Messaging APIのメッセージで使用できるクイックリプライがリリースされました。クイックリプライボタンを設定したメッセージをボットから受信すると、トーク画面の下部にそれらのボタンが表示されます。ボタンをタップするだけで、ボットからのメッセージに簡単に返信できます。

    クイックリプライのサンプル

    クイックリプライはiOS版とAndroid版のLINE 8.11.0以降で対応しています。

    詳しくは、「クイックリプライを使う」を参照してください。

  • 2018/06/27

    【回復済み】Messaging API障害のお知らせ

    Messaging APIにおいて以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    回復日付

    2018/06/27 JST(GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    状況

    ユーザーとリッチメニューのリンクを解除するためにMessaging APIを呼び出したときに、そのユーザーがボットとのトーク画面を閉じていると、リッチメニューのリンクを解除できないという問題がありました。この問題は、ユーザーがiOS版LINE 8.7.0以降を使用し、リッチメニューがadmin-official.line.meで設定されていた場合にのみ発生しました。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2018/06/12

    Flex Messageがリリースされました

    Messaging APIの新しいメッセージタイプであるFlex Messageがリリースされました。Flex Messageは、複数の要素を組み合わせてレイアウトを自由にカスタマイズできるメッセージです。

    Flex Messageの例

    Flex MessageはiOS版とAndroid版のLINE 6.7.0以降で対応しています。

    詳しくは、「Flex Messageを使う」を参照してください。

  • 2018/04/18

    リッチメニュー数の上限が変更されました

    Messaging APIのリッチメニューを、1つのボットに対して1000件まで設定できるようになりました。以前の上限は10件でした。

    リッチメニューについて詳しくは、「リッチメニューを使う」を参照してください。