ニュース:#LINEプラットフォームの記事

  • 2018/04/12

    【回復済み】LINE Developersサイト 障害のお知らせ

    LINE Developersサイトにおいて以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2018/04/11 12:00頃 ~ 22:00頃 JST(GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    状況

    上記の時間中、一部のお客様がLINE Developersコンソールにアクセスできない状況になっておりました。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2018/03/29

    【回復済み】Messaging API(ボット) 障害のお知らせ

    Messaging API(ボット)において以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2018/03/27 21:40 ~ 23:50 JST (GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    状況

    以下のAPIが呼び出される際に、ステータスコード500のエラーが発生する場合がありました。

    • ユーザーが送信した画像、動画、および音声のデータを取得するAPI:https://api.line.me/v2/bot/message/{messageId}/content
    • リッチメニューAPI:https://api.line.me/v2/bot/richmenu/*

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2018/03/26

    【回復済み】LINE Developersサイト 障害のお知らせ

    LINE Developersサイトにおいて以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    回復日時

    2018/03/23 19:20頃 JST(GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    状況

    Messaging API(ボット)チャネルのアイコン画像をLINE Developersサイトで設定または変更しても、チャネルに対応するLINE@アカウントのアイコン画像が変更されませんでした。

    現在は回復していますので、[Channel基本設定]画面でアイコン画像を再設定すると、LINE@アカウントにアイコン画像を設定できます。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2018/03/20

    api.line.meのSSLルート認証局を変更します

    下記の日程で、Messaging APIやLINEログイン等で使用するAPIサーバー(api.line.me)で使用しているSSL証明書を更新します。これに伴い、証明書のルート認証局がGeoTrustからDigicertに変更されます。

    予定日時

    2018/03/22 14:00 ~ 17:30 JST (GMT+9)

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2017/12/15

    【回復済み】Messaging API(ボット)とLINEログイン 障害のお知らせ

    Messaging API(ボット)とLINEログインにおいて以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2017/12/14 16:40 ~ 17:08 JST (GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    状況

    1. Messaging APIとLINEログインとを問わず、リクエスト・レスポンスにユーザーIDを含むすべてのAPIが失敗するか、正しいユーザーIDを応答していなかった。
    2. Messaging APIにおけるWebhookに、正しいユーザーIDが設定されていなかった。
    3. ユーザーIDを指定したプッシュメッセージが失敗した。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2016/04/27

    Method for calling APIs for BOT API Trial changed

    We are pleased to announce the launch of the LINE Developers official account.

    The LINE Developers official account provides you with the latest updates on the LINE platform. By adding the official account to your friend list, you'll receive information on documentation updates, SDK releases, specification changes and more.

    To add the LINE Developers official account to your friend list, scan the QR code below or if you are using a smartphone, tap the “Add Friends” button below.

    Friends Added

    We will continue to provide improvements so that developers can code more easily.

  • 2016/03/01

    Important: Changes to the character limit for Channel names

    To our valued partner developers,

    We are planning to integrate our systems on March 23. As a result of the integration, Channel names that have more than 20 characters will be automatically truncated to 20 characters. If you have a Channel that has more than 20 characters in its name, we recommend that you change the name to something with 20 or fewer characters by March 22.

    Thank you for your understanding and your continued cooperation.

    LINE Developers

  • 2015/12/21

    Using the LINE it! Button on Websites page published

    We published the “Using the LINE it! Button on Websites” page today. This page explains how to add the LINE it! Button to websites. The LINE it! Button lets users share websites with their friends on LINE.

    Using the LINE it! Button on Websites

    We will continue to provide improvements so that developers can code more easily.

  • 2014/11/13

    LINE Developers Site Update

    We are happy to announce a design update to the LINE Developers site.

    This update contains improvements to the look and feel of the site. We have made changes to the layout and have added a new search feature where you can search for information using keywords. Other than the overall layout, there have been no changes made to the Channel Management page.

    We will continue to provide improvements so that developers can code more easily.