LINE URLスキームを使う

目次

LINE URLスキームを使って、ユーザーに特定のコンテンツを開いたり特定の動作を実行したりさせることができます。URLスキームは、iOSまたはAndroid版のLINEでサポートされます。ウェブアプリ、モバイルアプリ、またはボットアプリでURLスキームを利用できます。

LINEの基本URLスキームはline://です。https://line.me/R/で始めることもできます。ユーザーがLINEをインストール済みである場合は、アプリが自動的に起動して特定のコンテンツが開きます。ユーザーがLINEをインストールしていない場合は、URLスキームの動作はその形式により以下のように異なります。

  • line://:何も起きないか、エラーページが開く。
  • https://line.me/R/:ウェブブラウザが開き、LINEのダウンロードを求めるページが開く。

URLスキームは、LINE内のボットで利用できます。例えば、URLスキームをURIアクションオブジェクトに含めることにより、各種のメッセージリッチメニューを使って、LINE内のコンテンツをユーザーに表示できます。

LINEで利用できるURLスキームは以下のとおりです。

カメラとカメラロールを開く

カメラとカメラロール画面を開きます。

カメラ画面 カメラロール画面

スキーム 説明
line://nv/camera/ カメラ画面を開きます。
line://nv/cameraRoll/single カメラロール画面を開きます。トーク内で共有する画像を1つ選択できます。
line://nv/cameraRoll/multi カメラロール画面を開きます。トーク内で共有する画像を複数選択できます。

位置情報画面を開く

位置情報画面を開きます。位置情報をボットとシェアできます。

位置情報画面

スキーム 説明
line://nv/location 位置情報画面を開きます。ユーザーは現在の位置をシェアするか、地図にピンを刺してシェアする位置情報を選択できます。
注:このスキームは、ユーザーとボット(LINE@アカウント)の1対1のトークでのみサポートされます。外部アプリまたは他の種類のLINEトークではサポートされません。

ボットアカウントをシェアする

指定のボットに対する[友だちを追加]画面を開くことにより、ボット(LINE@アカウント)をシェアして友だち追加を促します。ボットのリンクをLINEの友だちとシェアすることもできます。

ボット画面 ボットに対する[友だちを追加]画面

スキーム 説明
line://ti/p/{LINE_id} ユーザーとボットの友だち関係に応じて、以下の画面のいずれかを開きます。
  • ボットと友だちの場合:ボットとのトーク画面
  • ボットと友だちでない、ボットをブロックしている場合:ボットに対する[友だちを追加]画面
ボットのLINE IDはLINE@マネージャーで確認できます。LINE IDの冒頭の@を必ずスキームに含めてください。
line://nv/recommendOA/{LINE_id} [送信先を選択]画面を開きます。友だち、グループ、またはトークルームを選択してボットのリンクをシェアできます。
ボットのLINE IDはLINE@マネージャーで確認できます。LINE IDの冒頭の@を必ずスキームに含めてください。

ボットのタイムラインとアカウントページを開く

ボットのタイムラインとアカウントページを開きます。ボットのアカウントページをカスタマイズしたりタイムラインに投稿したりするには、LINE@マネージャーを使います。

ボットのタイムライン

スキーム 説明
line://home/public/main?id={LINE_id_without_@} ボットのタイムラインを開きます。
注:LINE IDの冒頭の@をスキームに含めないでください。ボットのLINE IDはLINE@マネージャーで確認できます。
line://home/public/profile?id={LINE_id_without_@} ボットのアカウントページを開きます。
注:LINE IDの冒頭の@をスキームに含めないでください。ボットのLINE IDはLINE@マネージャーで確認できます。
line://home/public/post?id={LINE_id_without_@}&postId={post_id} ボットの特定のタイムライン投稿を開きます。各投稿のIDは、LINE@マネージャーの[ホーム]>[投稿一覧]セクションで確認できます。
注:LINE IDの冒頭の@をスキームに含めないでください。ボットのLINE IDはLINE@マネージャーで確認できます。

テキストメッセージを送る

ユーザーの友だちまたはボットに送信できるテキストメッセージを設定します。テキストメッセージを、パスまたはクエリパラメータとしてスキームに入力します。パラメータは必ずUTF-8を用いてURLエンコードしてください。

スキーム 説明
line://msg/text/?{text_message} [送信先を選択]画面を開きます。友だち、グループ、またはトークルームを選択して、事前設定したテキストメッセージを送信できます。メッセージは、トーク内のノートとしても、タイムラインへの投稿としても送信できます。
line://oaMessage/{LINE_id}/?{text_message} ボットアカウントとのチャット画面を開きます。事前設定したテキストメッセージをボットに送信できます。
ボットのLINE IDはLINE@マネージャーで確認できます。LINE IDの冒頭の@を必ずスキームに含めてください。

プロフィール情報を開く

[プロフィール]画面

[プロフィール]画面を開きます。この画面では、表示名、ステータスメッセージ、およびLINE IDを設定できます。また、さまざまなLINEプロフィール情報を確認できます。

スキーム 説明
line://nv/profile [プロフィール]画面を開きます。
line://nv/profileSetId [ID]画面を開きます。LINE IDが未設定の場合は、LINE IDを設定できます。

その他の画面を開く

LINEのさまざまな画面を開きます。

[その他]画面

スキーム 説明
line://nv/chat [トーク]画面を開きます。
line://nv/timeline [タイムライン]画面を開きます。
line://nv/more [その他]画面を開きます。この画面は、LINE起動時に右端に表示されるタブをタップすると開く画面です。このタブのラベルは、設定されている着せかえに応じて、[その他]または[…]と表示されます。
line://nv/addFriends [友だち追加]画面を開きます。
line://nv/officialAccounts [公式アカウント]画面を開きます。

設定画面を開く

LINEのさまざまな設定画面を開きます。

[設定]画面

スキーム 説明
line://nv/settings [設定]画面を開きます。
line://nv/settings/account [アカウント]設定画面を開きます。ユーザーのLINEアカウント情報が表示されます。
line://nv/connectedApps [アカウント]>[連動アプリ]設定画面を開きます。この画面では、認証済みアプリに付与されている権限を確認したり、アプリの連動を解除したりできます。
line://nv/connectedDevices [アカウント]>[ログイン中の端末]設定画面を開きます。
line://nv/settings/privacy [プライバシー管理]設定画面を開きます。
line://nv/settings/addressBookSync [友だち]設定画面を開きます。
line://nv/settings/sticker [スタンプ]設定画面を開きます。
line://nv/stickerShop/mySticker [スタンプ]>[マイスタンプ]設定画面を開きます。
line://nv/themeSettingsMenu(iOS)、line://nv/settings/theme(Android) [着せかえ]設定画面を開きます。
注:iOSとAndroidでスキームが異なります。
line://nv/themeSettings [着せかえ]>[マイ着せかえ]設定画面を開きます。
line://nv/notificationServiceDetail [通知]>[連動アプリ]設定画面を開きます。この画面では、連動アプリの通知設定を設定できます。
line://nv/settings/chatSettings [トーク]設定画面を開きます。
line://nv/suggestSettings [トーク]>[サジェスト表示]設定画面を開きます。
line://nv/settings/callSettings [通話]設定画面を開きます。
line://nv/settings/timelineSettings [タイムライン]設定画面を開きます。

スタンプショップを開く

LINE内の[スタンプショップ]画面を開きます。公式スタンプまたはクリエイターズスタンプの画面を開けます。ユーザー向けに独自のスタンプセットを作成するには、LINE Creators MarketサイトとLNE Creators Studioアプリを参照してください。

[スタンプショップ]画面

公式スタンプ

スキーム 説明
line://shop/sticker/detail/{package_id} 指定されたスタンプの[スタンプ情報]画面を開きます。パッケージIDは、LINE STOREの[公式スタンプ]セクション内のスタンプページのURLで確認できます。
line://shop/category/{category_id} 指定されたカテゴリの[RANK]タブを開きます。カテゴリIDは、LINE STOREの[公式スタンプ]セクション内のカテゴリページのURLで確認できます。
line://shop/sticker/author/{author_id} 指定された作成者のスタンプリストを開きます。作成者IDは、LINE STOREの[公式スタンプ]セクション内の作成者ページのURLで確認できます。
line://nv/stickerShop [スタンプショップ]画面の[HOME]タブを開きます。
line://shop/sticker/new [スタンプショップ]画面の[NEW]タブを開きます。
注:Androidではサポートされません。
line://shop/sticker/hot [スタンプショップ]画面の[RANK]タブを開きます。
注:Androidではサポートされません。
line://shop/sticker/event [スタンプショップ]画面の[FREE]タブを開きます。
注:Androidではサポートされません。
line://shop/sticker/category [スタンプショップ]画面の[CATEGORIES]タブを開きます。
注:Androidではサポートされません。

クリエイターズスタンプ

スキーム 説明
line://S/sticker/{package_id} 指定されたクリエイターズスタンプの[スタンプ情報]画面を開きます。パッケージIDは、LINE STOREの[クリエイターズスタンプ]セクション内のスタンプページのURLで確認できます。
line://S/shop/sticker/author/{author_id} 指定された作成者のスタンプリストを開きます。作成者IDは、LINE STOREの[クリエイターズスタンプ]セクション内の作成者ページのURLで確認できます。

着せかえショップを開く

LINE内の[着せかえショップ]画面を開きます。URLスキーム内でクエリパラメータを使って着せかえIDを指定します。

[着せかえショップ]画面

スキーム 説明
line://shop/theme/detail?id={product_id} 着せかえショップ内の指定された公式着せかえの[着せかえ情報]画面を開きます。着せかえのプロダクトIDは、LINE STOREの[公式着せかえ]セクション内の着せかえページのURLで確認できます。
line://S/shop/theme/detail?id={product_id} 着せかえショップ内の指定されたクリエイターズ着せかえの[着せかえ情報]画面を開きます。着せかえのプロダクトIDは、LINE STOREの[クリエイターズ着せかえ]セクション内の着せかえページのURLで確認できます。

LINE Outで発信する

LINE Outは、LINEで電話をかけられるサービスです。パスパラメータとして電話番号を渡し、LINE Outの画面を開くことができます。

注:LINE Outは、一部の国ではご利用いただけません。詳しくは、LINE Outの[ご利用方法]ページを参照してください。

[LINE Out]ダイヤルパッド画面

スキーム 説明
line://call/{country_calling_code}/{phone_number}  電話番号を設定して[LINE Out]ダイヤルパッド画面を開きます。国番号と電話番号をパスパラメータとして指定します。URLに「+」記号を含めないでください。例えば、国番号が「+81」で電話番号が「1022223333」の場合は、line://call/81/1022223333と設定します。
line://calls LINE Outの[通話]画面を開きます。
line://call/dialpad  [LINE Out]ダイヤルパッド画面を開きます。
line://call/settings [LINE Out設定]画面を開きます。
line://call/contacts [連絡先]画面を開きます。
line://call/spot [スポット]画面を開きます。[スポット]画面にはマップが表示され、近くの名所に関する情報を検索できます。
注:Androidではサポートされません。
line://call/redeem [LINE Outクレジットに引き換え]画面を開きます。

LIFFアプリを開く

LIFF(LINE Front-end Framework)アプリは、LINE内で動作するウェブアプリです。

LIFFアプリ

スキーム 説明
line://app/{liff_app_id} 指定されたLIFFアプリを開きます。LIFFアプリのIDは、開発者がLIFFアプリを登録するときに取得します。