Messaging API

Messaging APIを使って、ユーザー個人に合わせた体験をLINE上で提供するボットを作成することができます。

ボットを作成するには、「Messaging APIを利用するには」を参照してください。

Messaging APIの仕組み

Messaging APIを使うと、ボットアプリのサーバーとLINEプラットフォームの間でデータを交換できます。ユーザーがボットにメッセージを送るとwebhookがトリガーされ、LINEプラットフォームからボットアプリのサーバーのwebhook URLにリクエストが送信されます。すると、ボットアプリのサーバーからLINEプラットフォームに、ユーザーへの応答リクエストが送信されます。リクエストは、JSON形式でHTTPSを使って送信されます。

Messaging APIのアーキテクチャ

Messaging APIでできること

応答メッセージを送る

ボットと対話するユーザーに対して、メッセージを返信することができます。応答メッセージを利用するには、リクエストに応答トークンを入れる必要があります。詳しくは、「応答メッセージを送る」を参照してください。

プッシュメッセージを送る

いつでもユーザーに直接送ることのできるタイプのメッセージです。詳しくは、「プッシュメッセージを送る」を参照してください。

注意:本機能は一部のプランでのみご利用いただけます。詳しくは、LINE@のプラン​​を参照してください。

さまざまなタイプのメッセージを送る

ユーザーに送れるメッセージのタイプには、テキストスタンプ画像動画音声位置情報イメージマップ、およびテンプレートがあります。

詳しくは、「メッセージタイプ」を参照してください。

ユーザープロフィールを取得する

1対1のトークやグループチャットでボットと対話するLINEユーザーの情報を取得することができます。取得できるLINEユーザー情報は、ユーザー名、プロフィール画像、ステータスメッセージの3つです。

詳しくは、「プロフィールを取得する」を参照してください。

グループチャットに参加する

グループチャットにメッセージを送信して、参加メンバーの情報を取得することができます。詳しくは、「グループチャット」を参照してください。

LINE@アカウント

Messaging APIを利用するには、LINE@アカウントが必要です。LINE@アカウントとは、LINEボットのためのLINEアカウントです。LINE@アカウントの機能や利用プランについて詳しくは、LINE@ウェブサイトを参照してください。

注:Messaging APIは公式アカウントでも利用できます。公式アカウントには、LINE@アカウントにはない法人ユーザー向けの機能が用意されています。詳しくは、LINE Partnerウェブサイトを参照してください。

Messaging APIを利用するには

Messaging APIを使ってボットを作成するには、以下の手順に従います。

  1. チャネルを作成する
  2. ボットを作成する

関連ページ


ご意見やご要望がある場合

LINEプラットフォームのドキュメントやサービスについてご不明な点があるときは、まず「FAQ」ページやCommunityサイトをご覧ください。疑問が解決しない、またはドキュメントの内容やLINEプラットフォームの機能についてご要望があれば、以下のボタンをクリックするか、GitHubのLINE Platform feedbackリポジトリにイシューを作成してお知らせください。