作成したボットは、LINEプラットフォームで提供されているさまざまなタイプのメッセージを使ってユーザーと会話できます。

メッセージのカテゴリー

Messaging APIで送信するメッセージは、応答メッセージプッシュメッセージの、2つのカテゴリーに分けられます。

応答メッセージはユーザーがボットにメッセージを送ったり、ボットを友だち追加したりなど、ユーザーによって作成されたイベントに対して送られるメッセージです。応答メッセージを送るには、Webhookイベントオブジェクトに含まれる応答トークンが必要です。詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「応答メッセージを送る」を参照してください。

プッシュメッセージは、ユーザーにいつでも送ることのできるメッセージタイプです。1人のユーザーに送る場合は/message/pushエンドポイントを、複数のユーザーに送る場合は/message/multicastエンドポイントを使用します。

注:プッシュメッセージは一部のプランでのみご利用いただけます。プランについて詳しくは、LINE@のプランを参照してください。

メッセージタイプ

以下のタイプのメッセージを使うことで、双方向性のユーザー体験を実現できます。

メッセージについて詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「メッセージオブジェクト」を参照してください。

テキストメッセージ

テキストメッセージを送るには、送りたいテキストをメッセージオブジェクトに含めます。

テキストメッセージ

文字コードを使って、テキストメッセージにLINEの絵文字を入れることができます。LINEのチャットで送信できるLINEの絵文字については、絵文字リストを参照してください。

絵文字

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「テキストメッセージ」を参照してください。

スタンプメッセージ

より表現に富みユーザーを惹きつけるボットを作るには、スタンプが効果的です。スタンプを送るには、送りたいスタンプのパッケージIDとスタンプIDをメッセージオブジェクトに含めます。Messaging APIで送信できるスタンプについては、スタンプリストを参照してください。

スタンプメッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「スタンプメッセージ」を参照してください。

画像メッセージ

画像を送るには、画像と、その画像よりも小さなプレビュー画像のURLをメッセージオブジェクトに含めます。プレビュー画像がトーク画面に表示され、画像をタップするとフルサイズの画像が表示されます。なお、URLにはHTTPSのみ指定できます。

画像メッセージ フルサイズの画像メッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「画像メッセージ」を参照してください。

動画メッセージ

動画を送るには、動画ファイルのURLとプレビュー画像のURLをメッセージオブジェクトに含めます。プレビュー画像をタップすると動画を再生できます。なお、URLにはHTTPSのみ指定できます。

動画メッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「動画メッセージ」を参照してください。

音声メッセージ

音声ファイルを送るには、ファイルのURLと再生時間をメッセージオブジェクトに含めます。なお、URLにはHTTPSのみ指定できます。

音声メッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「音声メッセージ」を参照してください。

位置情報メッセージ

位置情報を送るには、タイトルと住所、そして緯度と経度の座標をメッセージオブジェクトに含めます。

位置情報メッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「位置情報メッセージ」を参照してください。

イメージマップメッセージ

イメージマップメッセージは、複数のタップ領域を設定した画像を送信できるメッセージです。ユーザーがタップ領域をタップすることで、特定のウェブページにアクセスしたり、ユーザーからメッセージを送信したりできます。

また、画像の上で動画を再生したり、動画再生後にリンク先を設定したラベルを表示したりできます。

イメージマップメッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「イメージマップメッセージ」を参照してください。

テンプレートメッセージ

テンプレートメッセージには、事前定義されたレイアウトが用意されており、よりリッチなユーザー体験の提供に役立ちます。アクションを使うと、ユーザーが簡単にボットとやり取りできます。ユーザーが手動でメッセージを入力する代わりに、1回のタップで特定のアクションを実行できます。

テンプレートメッセージについて詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「テンプレートメッセージ」を参照してください。

テンプレートメッセージの種類

以下のタイプのテンプレートを利用できます。

ボタンテンプレート

ボタンテンプレートを使って、画像、タイトル、テキストに加えて複数のアクションボタンが含まれたメッセージを送ることができます。ボタンのほかに、画像、タイトル、テキストの領域全体に対しても、ユーザーがタップすると実行されるアクションを1つ指定できます。

ボタンテンプレートメッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「ボタンテンプレート」を参照してください。

確認テンプレート

確認テンプレートを使うと、ボタンが2つ含まれたメッセージを送ることができます。

確認テンプレートメッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「確認テンプレート」を参照してください。

カルーセルテンプレート

カルーセルテンプレートは、複数のカラムオブジェクトをユーザーがスクロールして閲覧することのできるメッセージタイプです。各カラムオブジェクトには、ボタンのほかに、画像、タイトル、テキストの領域全体に対しても、ユーザーがタップすると実行されるアクションを1つ指定できます。

カルーセルテンプレートメッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「カルーセルテンプレート」を参照してください。

画像カルーセルテンプレート

画像カルーセルテンプレートは、複数の画像をユーザーがスクロールして閲覧することのできるメッセージタイプです。

画像カルーセルテンプレートメッセージ

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「画像カルーセルテンプレート」を参照してください。

Flex Message

Flex Messageは、複数の要素を組み合わせてレイアウトを自由にカスタマイズできるメッセージです。

Flex Messageのサンプル

詳しくは、「Flex Messageを使う」と『Messaging APIリファレンス』の「Flex Message」を参照してください。

共通機能

ここでは、各種のメッセージタイプに共通する機能について説明します。

クイックリプライ

クイックリプライボタンを設定したメッセージを送信すると、メッセージのほかに、トーク画面の下部にそれらのボタンが表示されます。ユーザーはボタンをタップするだけで、ボットからのメッセージに簡単に返信できます。

クイックリプライのサンプル

クイックリプライ機能は、どのメッセージタイプでも利用できます。

詳しくは、「クイックリプライを使う」と『Messaging APIリファレンス』の「クイックリプライ」を参照してください。

関連ページ

メッセージ送信について詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「メッセージオブジェクト」を参照してください。

メッセージに設定できるアクションのタイプについては、「アクション」を参照してください。