Messaging API SDK

Messaging API SDKには、ライブラリ、ツール、およびサンプルが含まれています。SDKを使えば、Messaging APIを組み込んだボットアプリの開発を簡単に始めることができます。公式SDKコミュニティSDKの両方とも、オープンソースとして提供されておりさまざまなプログラミング言語で利用できます。

公式SDK

Messaging API対応のLINE公式SDKです。

コミュニティSDKとライブラリ

サードパーティの開発者が開発するSDKとライブラリです。一般的なオープンソースライセンスが適用されます。LINEはコミュニティSDKに対して限定的なレビューを行いますが、これらのSDKの公式サポートや動作保証は提供しません。各SDKの適用ライセンスと免責事項を参照してください。

ご自身で開発したSDKやライブラリをコミュニティで共有したい場合は、「コミュニティ貢献ガイドライン」とCommunity Program Agreementを参照してください。

ライブラリ 言語 概要 公開者 ライセンス Githubスター数
LINESimulator n/a ボット開発デバッグ用のLINEシミュレーター kenakamu MIT GitHub stars
line-richmenus-manager n/a リッチメニューの作成・管理のためのGUIツール kenakamu MIT GitHub stars
linebot Node.js Node.js向けLINE Messaging API SDK boybundit MIT GitHub stars
botbuilder-linebot-connector Node.js LINE Messaging API向けMicrosoft Bot Framework V3コネクター Wolke MIT GitHub stars
bottender Node.js 複数のプラットフォームで動作するボットを短時間で作成できるフレームワーク Yoctol MIT GitHub stars
messaging-api-line Node.js Node.js向けLINE Messaging API SDK Yoctol MIT GitHub stars
line-bot-sdk-dotnet C# .NET Standard向けLINE Messaging API SDK dlemstra Apache-2.0 GitHub stars
LineMessagingApi C# C#向けLINE Messaging API SDK pierre3 MIT GitHub stars

ご意見やご要望がある場合

LINEプラットフォームのドキュメントやサービスについてご不明な点があるときは、まず「FAQ」ページやCommunityサイトをご覧ください。疑問が解決しない、またはドキュメントの内容やLINEプラットフォームの機能についてご要望があれば、以下のボタンをクリックするか、GitHubのLINE Platform feedbackリポジトリにイシューを作成してお知らせください。