ウェブアプリでLINEログインを試してみる

LINEログインスターターアプリはJavaで書かれたサンプルウェブアプリで、ウェブアプリでのLINEログインの利用方法の理解に役立ちます。ここでは、アプリをHerokuにデプロイし、ログを確認し、アプリを修正する方法について説明します。

LINEログインを組み込みたいアプリが既にある場合は、「ウェブアプリにLINEログインを組み込む」を参照してください。

始める前に

以下の作業が完了していることを確認します。

アプリをデプロイする

  1. GitHubでline-login-starterリポジトリのページを開きます。
  2. READMEファイルに含まれる[Deploy to Heroku]ボタンを選択します。
  3. Herokuの[Create New App]ページに必要な情報を入力します。
    • App name(任意)
    • Region
    • Config Variables
      • チャネルID(コンソールで確認できます)
      • チャネルシークレット(コンソールで確認できます)
      • 次の形式のコールバックURL:https:// + {Heroku app name} + .herokuapp.com/auth
  4. [Deploy app]を選択し、アプリが正常にデプロイされたことを確認します。

アプリを設定する

コンソール内の[アプリ設定]ページで、コールバックURLを設定します。

スターターアプリの機能を試す

LINE認証情報を使ってログインすると、LINEユーザーのプロフィール画像、表示名、およびステータスメッセージが表示されます。iOSまたはAndroidデバイスでLINEにログイン済みである場合は、自動的にログインします。

  1. 次のようなアプリのURLにアクセスしてLINEログイン画面を開きます。 https:// + {Heroku app name} + .herokuapp.com
  2. LINEにログインし、アプリに必要な権限を与えることに同意します。

スターターアプリのその他の機能を試す

アプリにログインした後で以下のボタンを選択して、アプリのその他の機能を試すことができます。

  • ユーザーのアクセストークンを検証する
  • ユーザーのアクセストークンを更新する
  • ユーザーをログアウトする(アクセストークンを取り消す)

ログを確認する

詳細情報を取得するには、Heroku CLIを使用してアプリのログを確認します。

  1. コマンドラインからHerokuにログインします。
    $ heroku login
    
  2. ログを確認します。
    $ heroku logs --app {Heroku app name} --tail
    

スターターアプリをダウンロードして修正する

スターターアプリをローカルマシンにダウンロードして、テストしたり修正したりできます。その後で、任意のウェブサーバーにアプリをデプロイできます。ここでは、前の手順で作成したHerokuアプリに変更を加えてデプロイする方法について説明します。

  1. 以下のコンポーネントをインストール済みであることを確認します。
    • JDK 1.8以降
    • Maven™ 3.0以降
    • Git™
  2. GitHubからline-login-starterリポジトリをクローンします。
    git clone https://github.com/line/line-login-starter.git
    
  3. cdコマンドを実行して、Git用ディレクトリに移動します。
  4. Heroku用リモートをローカルリポジトリに追加します。
    $ heroku git:remote -a {Heroku app name}
    
  5. 変更を加えてコミットします(任意)。
    $ git add .
    $ git commit -m "First commit"
    
  6. 変更をHerokuのmasterブランチにプッシュします。
    $ git push heroku master
    

次のステップ

ここまで、サンプルウェブアプリでのLINEログインの使い方について説明しました。既存のウェブアプリにLINEログインを組み込む手順については、「ウェブアプリにLINEログインを組み込む」を参照してください。