iOSアプリでLINEログインを試してみる

LINEログインのiOSスターターアプリケーションを使うと、iOSアプリでLINEログインがどのように動作するかをすぐに理解することができます。LINEログインを組み込みたいアプリが既にある場合は、「iOSアプリにLINEログインを組み込む」を参照してください。

始める前に

以下の作業が完了していることを確認します。

スターターアプリケーションとSDKを入手する

  1. line-sdk-starter-ios-v2リポジトリをクローンします。

    $ git clone https://github.com/line/line-sdk-starter-ios-v2.git
    
  2. Objective-CとSwiftのサンプルアプリが提供されています。使用するサンプルアプリに応じて、LineSDKStarterObjCフォルダーまたはLineSDKStarterSwiftフォルダーで以下のコマンドを実行します。

    $ pod install
    

プロジェクトを設定する

  1. コンソール内の[アプリ設定]ページで、以下の値を設定します。

    • iOSバンドルID:アプリのバンドル識別子です。例:line.line-sdk-starter-objc-v2
    • iOSスキーム:「line3rdp.」をバンドルIDの前に付加した文字列です。例:line3rdp.line.line-sdk-starter-objc-v2
  2. XcodeプロジェクトのInfo.plistファイルを開き、LineSDKConfigキーにチャネルIDとしてchannelID要素を設定します。

アプリを実行する

iOSデバイスまたはエミュレーターを使用してアプリを実行します。初回ログイン時に、アプリがプロフィール情報にアクセスすることを許可する必要があります。

  • [Login with LINE]ボタンをタップし、アプリ連携ログインを使ってログインする。デバイスにLINEアプリがインストールされていて、ログイン済みである場合は、LINE資格情報を入力せずに自動的にログインできます。
  • [Browser Login]ボタンをタップし、Safariのウェブビューを使ってログインする。LINEのログインダイアログがウェブビュー内で開きます。LINE資格情報(Eメールとパスワード)を入力してログインすることができます。

LINE SDK for iOSの機能を試す

アプリにログインした後でボタンをタップして、LINE SDKの以下の機能を試すことができます。

  • ユーザープロフィールを取得する
  • アクセストークンを検証する
  • アクセストークンを更新する
  • ログアウトする

次のステップ

ここまで、iOSアプリでのLINEログインの動作について説明しました。既存のiOSアプリにLINEログインを組み込む手順については、「iOSアプリにLINEログインを組み込む」を参照してください。


ご意見やご要望がある場合

LINEプラットフォームのドキュメントやサービスについてご不明な点があるときは、まずCommunityサイトの「Q&A」ページをご覧ください。疑問が解決しない、またはドキュメントの内容やLINEプラットフォームの機能についてご要望があれば、以下のボタンをクリックするか、GitHubのLINE Platform feedbackリポジトリにイシューを作成してお知らせください。