LINEログイン用語集

IDトークン

アプリに権限を付与したユーザーの情報を含むJSONウェブトークン(JWT)。詳しくは、「IDトークン」を参照してください。

LINE API Expert

積極的にLINE開発者コミュニティに参加し、LINE APIプロダクトの利用を推進する開発者を評価し、支援するためのプログラム。詳しくは、「LINE API Expert」を参照してください。

LINE Developersコンソール

LINE Developersサイトで利用できる管理ツール。チャネルプロバイダーを作成および管理できます。

LINE公式アカウント

企業や著名人向けの、検索可能なLINEアカウント。詳しくは、「LINE公式アカウントとは」を参照してください。

LINEプラットフォーム

サードパーティの開発者がアプリにLINEサービスを組み込むためのプラットフォーム。

LINEログインボタン

LINEログインを使ってユーザーがLINEにログインできるボタン。ウェブサイトやアプリに組み込むことができます。詳しくは、「LINEログインボタンデザインガイドライン」を参照してください。

アクセストークン

Social APIにリクエストを送信するために使用されるトークン。アクセストークンは、ユーザーがLINEログインを使ってアプリにログインし、アプリから要求された権限を付与することに同意すると発行されます。

コールバックURL

ユーザーがLINEログインを使ってログインした後にリダイレクトされるURL。LINE DevelopersコンソールでアプリのコールバックURLを設定できます。LINEログインの認可リクエストredirect_uriパラメータで、コールバックURLを使用します。

ステータスメッセージ

ユーザーのLINEプロフィールに表示されるメッセージ。このメッセージを使って、考えや気持ちをLINEの友だちに伝えることができます。

チャネル

LINE Developersコンソールで作成するアカウントです。チャネルを使用して、アプリをLINEプラットフォームにリンクし統合できます。

チャネルID

チャネルの一意な識別子。この値は、LINE Developersコンソールの[Channel基本設定]ページで確認できます。

チャネルシークレット

チャネルの署名キー。この値は、LINE Developersコンソールの[Channel基本設定]ページで確認できます。

プロバイダー

チャネルにアプリを提供する個人または組織。チャネルを作成するには、LINE Developersコンソールでプロバイダーを作成する必要があります。例えば、個人や企業の名前をプロバイダーとして使用できます。

ユーザーID

ユーザーの一意な識別子。ユーザーIDは各プロバイダーに対してのみ一意であることに注意してください。1人のLINEユーザーは、プロバイダーごとに異なるユーザーIDを持ちます。


ご意見やご要望がある場合

LINEプラットフォームのドキュメントやサービスについてご不明な点があるときは、まずCommunityサイトの「Q&A」ページをご覧ください。疑問が解決しない、またはドキュメントの内容やLINEプラットフォームの機能についてご要望があれば、以下のボタンをクリックするか、GitHubのLINE Platform feedbackリポジトリにイシューを作成してお知らせください。