AndroidアプリでLINEログインを試してみる

Android向けのLINEログインスターターアプリケーションを使うと、AndroidアプリでLINEログインがどのように動作するかをすぐに理解することができます。LINEログインを組み込みたいアプリが既にある場合は、「AndroidアプリにLINEログインを組み込む」を参照してください。

始める前に

以下の作業が完了していることを確認します。

スターターアプリケーションとSDKを入手する

  1. line-sdk-starter-android-v2リポジトリをクローンします。
    $ git clone https://github.com/line/line-sdk-starter-android-v2.git
    
  2. ダウンロード」ページからLINE SDK for Androidをダウンロードします。
  3. ファイルを展開し、.aarファイルをリポジトリのapp/libsフォルダーにコピーします。

プロジェクトを設定する

  1. Android Studioでプロジェクトを開きます。
  2. constants.javaファイルにチャネルIDを入力します。
    public static final String CHANNEL_ID = "xxxxxxxxxx";
    
  3. コンソール内の[アプリ設定]ページで、以下の値を設定します。
  • Androidパッケージ名:jp.line.android.sdk.sample
  • Androidパッケージの署名:任意の値。このフィールドを空白にすることはできません。

アプリを実行する

Androidデバイスまたはエミュレーターを使用してアプリを実行します。初回ログイン時に、アプリがプロフィール情報にアクセスすることを許可する必要があります。

  • [Login with LINE]ボタンをタップし、自動ログイン機能を使ってログインする。デバイス上でLINEアプリにログイン済みである場合は、ログイン資格情報を入力せずに自動的にログインします。
  • [Browser Login]ボタンをタップし、デバイスのブラウザ(Chrome)でログインする。このオプションを使用する場合、アプリにログインするためにログイン資格情報を入力する必要があります。

LINE SDK for Androidの機能を試す

アプリにログインした後でボタンをタップして、LINE SDKの以下の機能を試すことができます。

  • ユーザープロフィールを取得する
  • アクセストークンを更新する
  • アクセストークンを検証する
  • ログアウトする

次のステップ

ここまで、AndroidアプリでのLINEログインの動作について説明しました。既存のAndroidアプリにLINEログインを組み込む手順については、「AndroidアプリにLINEログインを組み込む」を参照してください。