LINE Front-end Framework

LINE Front-end Framework(LIFF)は、LINEアプリ内で動作するウェブアプリのプラットフォームです。

LIFFに登録したウェブアプリ(LIFFアプリ)をLINEアプリ内で起動すると、LINEのユーザーIDなどをLINEプラットフォームから取得できます。LIFFアプリではこれらを利用して、ユーザー情報を活用した機能を提供したり、ユーザーの代わりにメッセージを送信したりできます。

動作環境

LIFFでサポートされるOSおよびLINEアプリのバージョンは以下のとおりです。

  • iOS:iOS 8以降。iOS 9以降ではWKWebView、iOS 9未満ではUIWebViewが使用されます。
  • Android:4.2(Jelly Bean MR1、API level 17)以降
  • LINEアプリ:バージョン7.14以降

LIFFアプリの画面サイズ

LIFFアプリは、以下の3つの画面サイズで表示できます。1つのLIFFアプリに設定できる画面サイズは1つのみですが、必要に応じて後から変更することもできます。

画面サイズ

画面サイズはLIFFにアプリを追加するときに指定します。詳しくは、「LIFFアプリを追加する」を参照してください。

LIFFを利用するには

LIFFにウェブアプリを追加して利用できるようにするには、以下の手順に従います。

  1. コンソールでLIFFアプリのチャネルを作成する
  2. LIFFアプリを開発する
  3. LIFFアプリを追加する

開発上のガイドライン

ウェブアプリは以下のガイドラインに従って開発してください。

  • LIFFアプリで開くページのURLのフラグメントにはアクセストークンやユーザーIDが含まれるため、外部漏洩に注意してください。
  • 位置情報の取得やカメラやマイクへのアクセスなど、デバイスまたはOSの機能を利用するAPIは、必ずユーザーアクションをトリガーとして実行されるように実装します。
  • ユーザーの同意なく、cookieやlocalStorageを使ってユーザーをトラックしたり、LINEユーザー情報と外部セッション情報を結びつけたりしないでください。
  • LIFFアプリでcookieやlocalStorageを取得または保存することは保証されません。また、将来的に制限される可能性があります。
  • テスト段階のLIFFアプリに対するアクセス権限は、ウェブアプリ側で制限してください。
  • LIFFアプリおよびLIFFアプリ内で開くコンテンツのURLスキームはhttpsである必要があります。スキームがhttpのコンテンツは、LINEアプリ内のブラウザで表示されます。この場合、LIFFアプリとして登録されているウェブアプリでも、LIFFアプリとして動作しません。