LIFFを利用するには

LIFFを利用するには、まずLINE Developersコンソールでチャネルを作成する必要があります。

チャネルとは

LINEプラットフォームを利用するには、アプリがチャネルにリンクされていなければなりません。チャネルを作成すると、固有のチャネルIDが識別用に発行されます。チャネルには、名前、説明文、およびアイコン画像が必要です。

コンソールで作成できるのはLINEログインまたはMessaging APIのチャネルですが、どちらのチャネルでもLIFFアプリを利用できます。

初めてチャネルを作成する場合は、Messaging APIのチャネルを作成してください。LIFFアプリでREST APIを実行する際に必要なチャネルアクセストークンが、Messaging APIのチャネルではデフォルトで発行されます。

LINEログインのチャネルでLIFFアプリを利用する場合は、APIを使ってチャネルアクセストークンを発行する必要があります。詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「チャネルアクセストークンを発行する」を参照してください。

注:LINEログインおよびMessaging API以外のサービスが関連付けられているチャネルでは、LIFFの利用はサポートされません。

チャネルの作成

1.コンソールにログインする

LINEアカウントへのログインに利用しているメールアドレスとパスワードを用いて、LINE Developersコンソールにログインします。

注:メールアドレスが登録されたLINEアカウントをお持ちでない場合は、LINEをダウンロードし、[設定]>[アカウント]を選択してメールアドレスを登録してください。

コンソールにログイン

LINEログインダイアログ

2.開発者として登録する(初回ログイン時のみ)

名前とメールアドレスを入力して、LINE Developersコンソールで開発者アカウントを作成します。

開発者登録画面

3.新規プロバイダーを作成する

プロバイダー名を入力します。プロバイダーとは、アプリを提供する組織のことです。ご自分の名前、あるいは企業名などを入力してください。

プロバイダー作成画面

4.チャネルを作成する

チャネルに必要な情報を入力します。

チャネル作成画面

5.確認する

チャネルが作成されたことを確認します。

コンソールのホーム画面

6.チャネルアクセストークンを準備する

Messaging APIのチャネルの場合

チャネルの作成と同時にチャネルアクセストークンも発行されます。[Channel基本設定]ページの[メッセージ送受信設定]セクションで、[アクセストークン(ロングターム)]フィールドの値を確認してください。このトークンの有効期間は非常に長く、期限切れを考慮する必要がありません。

LINEログインのチャネルの場合

APIを使ってチャネルアクセストークンを発行します。これを行うには、HTTP POSTリクエストを/v2/oauth/accessTokenエンドポイントに送信します。APIで発行できるチャネルアクセストークンの有効期間は30日です。

リクエストの例

curl -v -X POST https://api.line.me/v2/oauth/accessToken \
-H "Content-Type:application/x-www-form-urlencoded" \
--data-urlencode 'grant_type=client_credentials' \
--data-urlencode 'client_id={channel ID}' \
--data-urlencode 'client_secret={channel secret}'

リクエストが成功すると、チャネルアクセストークンがレスポンスとして返されます。

レスポンスの例

{
  "access_token":"{channel access token}",
  "expires_in":2592000,
  "token_type":"Bearer"
}

詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「チャネルアクセストークンを発行する」を参照してください。

次のステップ

これで、LIFFアプリ用のチャネルが作成されました。続いて、サンプルのLIFFアプリをデプロイする、またはLIFFアプリを開発します。